使い捨てコンタクト(ソフト)の使い方
使い捨てコンタクトはソフトコンタクトレンズです。よって使い方もソフトコンタクトと同じになります。
長所は決められた期間使用したら捨ててしまえばいいのでそれ以上、汚れが蓄積しないことです。
交換後には新しいレンズなので衛生的で清潔です、さらにワンデーなら毎日はずしたら捨ててしまうのでお手入れが一切不要というのがうれしいですね。
【ご使用前に】
コンタクトレンズを取り扱う前には、爪を短くきり手指をよく洗い清潔しましょう。
【使う前にコンタクトをチェック】
コンタクトを装用する前にはキズや破損、汚れやゴミがないかよく確認します。異常がある場合は装用しないでください
【表裏の確認】
コンタクトレンズには表裏があります。横からレンズを見て形がおわん形なら表です。裏返るとレンズの縁が剃ってとんがります。

【コンタクトレンズの装着】

1.コンタクトをきき手の人差し指の先にレンズをのせます。
2.きき手の中指で下まぶたを引き下げます。反対の手の中指で上まぶたを引き上げ、眼を大きく開きます。
3.レンズをゆっくりと眼に近づけ、黒目の上にそっとのせます。
4.レンズが黒目に正しくのっていることを確認してから、ゆっくり指をはなします。
5.眼をゆっくりと閉じ、まばたきを2回〜3回繰り返し、レンズが正しく入ったことを確認します。
【コンタクトレンズのはずし方】


1.鏡を見てコンタクトの位置を確認します。
2.きき手の中指で下まぶたを引き下げます。反対の手の中指で上まぶたを引き上げます。
3.そのままの状態で、きき手の人差し指でコンタクトを黒目から下の白目の方へずらします。
4.レンズを下の白目へずらしたまま、人差し指と親指で軽くつまんで取り出します。

【使い捨てコンタクトの装用時間】

コンタクトレンズは、初めの日から長い時間使えるわけではありません。
1日目は4時間、2日目は5時間、3日目は6時間という具合に1日1時間ずつ増やします。
ただし、コンタクトは慣れるのには個人差がありますので眼と健康状態を確認しながら、無理をしないで慣らしましょう。
装用時間は12時間〜14時間以内が理想です。

【使い捨てコンタクトの洗浄保存消毒】
使い捨てコンタクトに涙に含まれるたんぱく質や脂質などが付着することがあります。この汚れを放置しておくと細菌やカビなどの繁殖をまねき、眼の疾患の原因となることがあります。カラコンを安全に快適に使用するためには、毎日の洗浄、すすぎ、消毒を正しく行なってください。

【手入れの方法〜マルチパーパスソリューション※の場合】
1.あらかじめ手を石鹸でよく洗います。
2.使い捨てコンタクトをはずし、手のひらの上にのせ、オプティフリーを数滴たらし、カラーコンタクトの両面を各々20秒ほど指でこすり洗いします。
3.コンタクトの両面をオプティフリーで残留物が取り除かれるまで十分にすすぎます。
4.レンズケースにケア用品を満たしふたを完全に締めます。このまま4時間以上放置しておけば消毒が完了します。
※マルチパーパスソリューションとは1液で洗浄・保存・消毒のできる便利なケア用品です。

【使い捨てコンタクトのタンパク除去】
使い捨てコンタクトは長期間使用していると涙液中のタンパク質や脂質分が徐々に付着しくもりや目の炎症の原因になったりします。
長期間使用のコンタクトを使われる場合、定期的にコンタクトレンズの酵素洗浄剤でタンパク質の除去をしてください。

【使い捨てコンタクトのケア用品】
使い捨てコンタクトを手入れするケア用品は必ずソフトコンタクトレンズ用のケア用品をご使用ください。
現在使い捨てコンタクトのケア用品には
■マルチパーパスソリューション
オプティフリープラス、レニュー、バイオクレンゼロなどの1液で全て済ませるマルチパーパスソリューション。一液ですむ簡単ケアです。
マルチパーパスは殺菌力が弱いのでしっかりと「こすり洗い」をする必要があります。


■過酸化水素系ケア用品
AOセプト・コンセプトワンステップ・ソフトメイト・ケムセプトなど過酸化水素系は殺菌力が強いケアです。過酸化水素は漂泊作用があるのでカラーコンタクトには使用できません。


■ヨウ素系ケア用品
ファーストケアはヨウ素系で殺菌消毒力が強く、アカントアメーバにも十分な殺菌力をもっています。ヨウ素系ケアは赤色系なのでカラーコンタクトや長期使用のソフトコンタクトには使用できません。使い捨てコンタクト専用です。

 

ケアの方法はケア用品の箱の中の取扱説明書をよく読んでください。

【使い捨てを安全に使うために】
1.コンタクトレンズをつけたまま眠ることはできません。
眠っている間は涙がほとんど分泌されず、角膜は酸素不足の状態です。よってコンタクトをつけたまま眠ることはできません。
眠る前や仮眠を時には必ずレンズをはずしてください。
もし、万一、コンタクトレンズをつけたまま眠ってしまったときには、人口涙液か生理食塩水を点眼し、まばたきをよく繰り返し、レンズが水分で潤い、眼の中で動くことを確認してからはずしてください。
2.装用時間は1日14時間以内です。装用時間を守ってください。装用時間が長すぎたり、急に装用時間をのばすと、眼に大きな負担がかかり、障害を引き起こすことがあります。決められた時間内で、装用スケジュールを守って使いましょう。
3.まばたきが少ないと、コンタクトの表面が乾燥し、白くぼけることがあります。つねに、まばたきをすること忘れないでください。
充血が多い、霧・煙のなかにいるようで、くもって見える、電球を見るとにじんで見える時は装用時間が長すぎるか、眼に異常があるサインです。すぐに装用を中止してください。
4.眼が痛い、充血が強い、目やにが多い、などのことで、少しでも眼に異常を感じたら、すぐにカラーコンタクトの装用を中止して眼科医の診察を受けください。
5.コンタクトレンズを安全にお使いいただくため、定期的に眼科で検診を受けられることをおすすめいたします。

コンタクトレンズ通販HOME